スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今季ドラマ

今日は子どもたちが遠足だったのですけど、うちの息子は弁当を忘れて行きましたよ、ええ。
昨日から口を酸っぱくして、あとは弁当と水筒を入れるだけにしておきなさいと言っておいたのに、朝になってから、ゴミ袋入れないと、とかティッシュはどれにしようかな、とか言い出して、結局肝心の弁当は持たずに行ってしまったと・・・。まあ、急いで追っかけて私が届けたんですけどね。気が抜けないぜ。

さて、今季のドラマの話。
色々手を出して、少し減らして、今見ているのは
「鍵のかかった部屋」
「リーガル・ハイ」
「もう一度、君にプロポーズ」
「三毛猫ホームズの事件簿」
「ATARU」くらいかしら。私にしては随分減らしたほうかも!

あ、クレオパトラなんとかも1話を見て2話を見忘れたましたが
続けてみようと思っています。

金10以外は、事件解決ものばかりか?

昨夜の榎本くん、可愛かったね。
彼は「鍵オタク」ってことで。ATARUがあるせいか、彼も発達障害系?と勘ぐってしまいますが、1話でお通夜の場所に来るときに青砥さんは服装的にすごく浮いてましたが、径くんは一応黒いネクタイをしている。元々参列予定はないにしろ、ちょっと気をつけているのかな、というフシがある、という時点で、発達障害というよりも、コミュニケーションは敬遠気味のオタク青年かな・・・(しかし黒ネクタイはただの偶然かもしれない)。追記:3話でも黒ネクタイを普通の私服でしていましたねえ。やっぱりただの偶然だなっ。

そして2話では、獅童さん演ずる知り合いの力になってあげようとするし、3話では青砥さんを慰めようと?したりする。格段に広げていますね・・・この先どうなるんですかっ。(余談ですが、嵐ちゃんでの川島パパな智くんにもやられたワタクシ・・・現在は大野期かもしれません。雑誌も久しぶりに買っちゃったよ~ん)ちなみに慰めに関しては、女子の面白い会話=恋愛の話、とインプットしてあの局面でそれを使おうとするのは相当にぎこちないやり方で、辞書的に(1対1で)言葉を捉えていくのは発達障害の方のやり方と似ていますね。

あの3人組はバランスが良くて、音楽とか映像編集ではぐっとしめていますね。3人ということで言えば芹沢役の佐藤浩市さんがなんといってもいいよね。はじけていて、いっこいっこの動きや表情や台詞回しが笑える。利己主義でめんどくさいことからは身を引きたいのだけど、そこをなんとも滑稽な感じに演じておられて、静の演技が求められる智くんとのバランスがいい。智くんの方は、私の個人的な印象ですけど、抑えた中に径くんの思考や感情の動きが出るのはいいなあと思う。でもたまに、何も入ってないと感じるときもあって、私の気のせいかもしれないけど・・・1話の中に1.2回、ちょっと待った!と言いたくなるようなことがあるんだよなあ。

総じて、楽しんで見られそうなので嬉しいです。


嵐ということで言うと、三毛猫もあるわけですが、こちらは主人公がちょっとヘナチョコすぎなのが気になる。相葉ちゃんが怯えたり困ったりする顔ばかり見ていると、ちょっとうんざりしてきてしまう。これは演出や脚本の問題なのか、こんな義太郎を魅力的にできない演技力の問題なのか(つまり単調)。

マツコ・ホームズは良いと思う。正直、原作でも過去ドラマでも、ホームズってどこかに走って入って行ったとか、何かをひっくり返したとかその程度で、存在意義がいまひとつだもんね。本当にきっかけを与えてくれただけ。まあマツコが出てくることで存在意義は大きいけど、義太郎はその分、力なくのび太風に描かれるわけで・・・。

このドラマを見ていると、相葉ちゃんの太陽みたいな笑顔が見たくなるのですが、そういう系のドラマは今までもあったので、相葉ちゃんの役としては狂気を感じるような役が見たいのだけどね。草なぎくんが、いいひと路線から脱却したときの感じかな?吾郎ちゃんもあったね(というか最近はすっかり悪役がお手の物だけど)。

この後、ドラマとしての魅力は盛り返してもらいたいなあ。あ、推理物としては今やってる3話は割と楽しめた(まだ解決編を見ていないけど)。


「もう一度・・・」は竹野内豊、やっぱりかっこいいなあ・・・と思いながら見ています。今季はラブストーリーがかなり少ないので、こういうのも見たいなと。TBSっぽいですな。メインふたりの戸惑いというのはとてもわかるなあという感じで見ていられます。

「リーガル・ハイ」はもう、堺さん最高!って感じのドラマだね。縦横無尽!アクの強い主人公が表情豊かでたまんないっす。堺さんの顔って不思議だなあと思う。冴えない、気の弱い役もすごくはまるし、すっごく冷たい切れ者もはまる。あの三日月みたいな目がどっちもすごくアリに動く。江のときの役もよかったよね。わかってるのか、わかってないのか、わからない、という微妙な感じがすごくよかった。まあ、結局のところ、演技力なんですかね。
生瀬さんも表情がいいんで、この二人の対決って言うのもいいですなあ。

「ATARU」は、今回見るか迷っていたのだけど(自閉症を扱うドラマがあまり好きではないので)、面白いね。映像の見せ方も面白いし、ちゃんとエンタメとして楽しめるようになってる。中居くんの、童顔なんだけど皺の入っている、実は可愛い感じなのに結構年齢いってんのね・・・みたいな雰囲気がリアル(なんだそりゃ)。
刑事二人とのコンビもいい感じだし、玉ちゃんは可愛いし(前髪バンザイ)、溜めずに見られそう。


前クールは溜めまくってて、11人もいる!とストロベリーナイトをまるまる全部録画したままという状態だったのよ。1話を見ずに最終回を迎えたテイタラク。それで、先日11人をイッキ見。神木くん可愛かったなあ。ていうかさすがクドカンだね。面白かった。やまたろが、実はどうにも楽しめなかったけど(親が能天気で子どもが頑張りすぎるのはストレスがたまる)、こっちは大家族ものでもよかったわ。広末さんもすごく合ってたし。子ども店長もなかなかよかった。星野源さんも合ってたし。彼もなかなか芸達者な方だよね。

そんなわけで、次はストロベリーナイトに手を出し始めました。ああ、ようやく。さっき3話に入ったところです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フムフム

Author:フムフム
ようこそおいでくださいました<(_ _)>
更新間隔はまちまちですが、ぼちぼち楽しみつつ綴っております。大したことは書いていない、日々の備忘録です。

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。