スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電大名古屋校





電大名古屋校へ行ってまいりました。

場所はElectric Lady Land。今回の整理番号は150前後で、割と前の方のど真ん中で見られました。電大が見られるのか今回ここのみなんですが、メンバーの方々のMCによると、今回のツアーの中では大きめな会場のようで、「皆さんの年齢も考慮して」間隔がきつくならないようにした(笑)とかいうUcでは定番の観客妙齢いじり。まあでも確かに押し合いへし合いもなく、汗もそんなにかかないくらいのもんでしたわ。

私にとっては、(3人いれば)ユニコーンがこんなに近いところで見られるとは、という盛り上がりが最初の印象。演奏の手の様子もすごく良く見えるし、川西さんのふくらはぎが逞しかった。そんで川西さん超笑顔。

テッシーはまあよく喋ってた。この(お客さんとの)距離だと沈黙に耐えられなくなるって。3人の中では多分一番耐えられずにすぐに喋りだしてしまう。そんであの3人だとMCが長くなるって言ってた。まあ普段のツッコミがいないもんね。川西さんは民生のツッコミボイスをサンプリングしてこようと思ってたそうな(そして忘れたとか)。「天の声」だってさ。民生に関しては、色々バンド名考えてたのに民生の「そんなもん電大じゃろ」の鶴の一声で決まってしまった(今やファンの中では有名な)話や「歌詞は当然広島弁なんだろ?」と言われて川西さんが急いで歌詞を書き直した話とかしながら、てし「まあ所詮あいつの手のひらで転がされているわけですよ、俺らは」、EBI「そして彼(てし)はそれがまんざら嫌いじゃないんですよ」などと笑ってました。これだけ民生話がよく出ていたけど阿部ネタが出てこないところを見ると、殆どノータッチなのかな?

あと、あの3人になると、意外に普段ボケなEBIちゃんがツッコミにまわるという不思議な感じ。ユニコーンよりも明らかに一杯喋ってた。ブログでは見ていたけど、EBIさんが短髪になって私は嬉しい(基本短髪好き)。EBIさん近くで見るとイケメンオーラ放ちまくってたな。しかもてし前とEBI前ってなんか客の雰囲気が違う。EBI前はハートの空気が漂ってる。ああ~こういうことなんだなあって思ったわ、なんか。でもそれも納得のイケメンぶりでした。Nちゃーん、あなたのEBIさんめっちゃかっこよかったよおおお!機会があったら是非見に行って!(超私信) 終演後泣いている人がいたけど・・・それはなんだったんだろう。

さて、で、肝心のライブですけど、すごくよかったよ。まだオリジナル曲が7曲しかないってことでユニコーンの曲を織り交ぜながらやっていましたが、元々ユニコーンで自分たちの作った曲もボーカルとってる曲もあるわけだから、こういうときはいいよね。新旧いろいろな曲をやっていたけど、でも結局いいなあ!ってしびれたのは、オリジナル曲だったし、ユニの曲でも電大バージョンのアレンジがされたものだった。By the wayからの野生の照明、かっこよかったよ~。また聞きたい。結局のところ、昔懐かしい曲をやるよりも一番新しいところで魅力を発揮してくれるというのは、ユニ本体に限らず電大もそうだった、というところに私はすごく喜びを感じました。現在進行形のミュージシャンはそうでなくっちゃね!

私元々、3ピースバンドが好きなんだよね。音の粒がひとつひとつ聞こえるタイプの曲がすきなの。今回は楽器のそれぞれが鳴らす音がよく聞き取れて、楽しかったな。それに企画物みたいにやるんじゃなくて、これからも続けていきたい旨の話が聞けてそれも嬉しかったよ。ユニコーンは今後も毎年活動するバンドにはならないだろうしね。電大の活動がまたユニコーンに刺激を与えるというのもまたいいなあと思う。とにかく、これってアリだなって思えたのが収穫でした。また名古屋に来てね~!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フムフム

Author:フムフム
ようこそおいでくださいました<(_ _)>
更新間隔はまちまちですが、ぼちぼち楽しみつつ綴っております。大したことは書いていない、日々の備忘録です。

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。