スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密室は、破れました。

とうとう鍵のかかった部屋が終わってしまいました。しくしくしく。
ここ最近の嵐出演ドラマでは、結果的には一番はまってたと思う。
ドラマの作りも良かったし、智くんの演技も良かったし、満足ですよ、ハイ。
今日はリーガルハイも終わってしまうかと思うと・・・あああしくしくしく。
さて、昨日の最終回。やられましたわ。
原作は基本、未読で臨むのが好きなので(既に読んでいた場合は仕方がないが)、今回も終わったら読もうかなあというスタンスです。

そんなわけで、全然内容は知らずに見ました。

最終回での、「明日まで待ってください」と芹沢さんを焦らしながら自分だけ先に対決の、椎名あきら/佐藤学(玉木さん)とのシーン。最初は強気な椎名がじりじり追い詰められていって、今までの話とは違って、視聴者の目線が追い詰める側から、段々と「え・・・榎本・・・何もんなの・・・こわいよ・・・」な気分にさせられてく感じ。

そして「あんたもこっち側」のこと。予告で見たときには、あんたも犯罪者側という感じで受け取れるけど、もっと色々と含まれてる「こっち側」だったね。ガラスの向こうには最近仲良しだった芹沢さんや青砥さんも含まれてて。その話で引き出される榎本の悲しみ、孤独。そして自分はそっちには行かないんだよっていう、椎名と榎本を分ける壁もあること。映像的に色々見せてくれる演出だけど、椎名の前後左右上下にガラスが見えるって言うそこは視覚化しないでくれてよかった。あれ、台詞が出てくる前に感じたもんなあ。あ、ガラスの向こう側に行きたかったんだけど、ガラスに閉じ込められちゃってるよ・・・この人ってね。その密室は開けない榎本さん(いや、結果的には暴いたことで、彼の苦しい密室も破ったような気がする)。

榎本さんの表情と声に完全にやられてしまった。ううう。

ケースの中の鍵コレクションもなくなり、携帯もつながらなくなっていて、え、どっか行っちゃうの、っていうこの置いてかれちゃう気持ち。

そして、まあ、榎本がちょこっと(ていうか1億円分ね)ダイヤ取ったのかね、と不確定に示し、なに、だったらどこからそれ考えていたわけ??あんた何もんなの~っっていうドキドキ最高潮で、えのもっちゃん最大のニヤリで一気に終了(ぶつぎりブラックアウトここでも)。

終わった瞬間、叫びだしたい衝動に駆られました。やられた。台本と演出と演技にしてやられた。最高に裏切られた気分だね。

結局ZEROも見られず、呆然とテレビの前に座っていた私。やられた。やられたああああ。


いなくなって、謎は謎のままっていう終わり方、良かったと思います。だって榎本が窃盗犯かもな設定を持たせるなら、あのままのチーム榎本の関係は維持できないし。

これで続編は帰ってくるんじゃないかっていう話がありますけど、このラストを見たら、続編いらないって思いました。ATARUみたいな終わり方だったら、帰ってきてもそのままいい感じでまた新しい事件に取り掛かれますけど、鍵の場合は、チーム榎本を復活させるには、1.実は窃盗はしていなかったと分かる 2.榎本の事情に同情して青砥たちが許す 3.榎本が出頭もしくは逮捕され、出所後 ・・・くらいしか思い浮かばないのだけど。
いずれにせよ、この最終回の感じは崩れるだろうなあと考えてしまうので、本当は古畑的に見られると思ってたけど、最終回を見た後で、これは続編なしが希望って思った。エピソードゼロの作り方もあると思うのだけど、過去も謎なところが良かったので、どんなストーリーが明らかにされても、ちょっと違うような気がする。謎のままの美しさからしたら。

そこを崩さずに無理やりひねり出すなら、ドラマ版2-9話の間の時系列の中で、実はこんな事件もやってたんですよみたいなものをねじ込むか、かな。

美術館の窃盗の話は果たして榎本が犯人なのか。これもどうなんだろうね。どうなんだろう。

ホントはまた榎本くんには会いたいんだけどなあ。それも本音。
怪物くんも嫌いじゃないけど、すぐに怒ってうるさいので(身も蓋もない)、今回のトーン低めで、表情微妙な抑え目の榎本くんにはホントはまりました。青砥さんやせりーとのやりとりもキュートだったし。最終回ではとうとう、青砥さんとの萌えシーンはなかったなあ。残念残念。あの形でいなくなったら、青砥さんや芹沢さんもショックだろうね・・・。

終了後、DVD/BD BOXの紹介で出てきた写真、初期の頃だからまだ髪が短くて可愛かった。最終回まで見た後に見るとえらく可愛い。やばい、今回は久々に買ってしまいそうだ。でも・・・たっけえな!(2万越え)三毛猫よりも5000円くらい高いんだけど、なんで?

4ヶ月だっけ?お疲れさまでした!楽しませてもらったよ~。
髪切ったかなあ。もう昨日のいいとも時点でかなり長かったから、切っててほしいよ。
あともうちょい肉つけてほしいわ。背中が華奢すぎる。えのもっちゃんだからいいけど。

Face Downの歌詞は相当最終話に当てはまった内容でしたが、そのくらい分かっていたのかな。原作があるから読んで書いたのかね?最後を見てまた歌詞がじわじわ染みてくるっていうのもいいよね。

しかし昨夜から私の心の中に流れているのは、ピンクレディのウォンテッド。
♪私のむーねの かぎーを 壊してにーげていーったぁ あいつは どーこにいるのか~ 盗んだこーころ かえっせー♪

そして、私の智びいきはどこまで維持されるのか。
自分でも分からない。

鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX
(2012/10/10)
大野智、戸田恵梨香 他

商品詳細を見る


鍵のかかった部屋 DVD-BOX鍵のかかった部屋 DVD-BOX
(2012/10/10)
大野智、戸田恵梨香 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フムフム

Author:フムフム
ようこそおいでくださいました<(_ _)>
更新間隔はまちまちですが、ぼちぼち楽しみつつ綴っております。大したことは書いていない、日々の備忘録です。

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。