スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の24時間テレビ

24時間テレビ、終わりましたね。
レコーダーの編集・ダビングに始まり、編集・ダビングで終わるヲタの夏・・・。

皆々様、お疲れ様でした(今日も舞台裏WSの嵐が続きますが)。感想を思いつくままつらつらと。

お正月に今年の24時間テレビのパーソナリティになったという発表があったときには、ああ、やっぱりね、っていう思いと、こんな早い時期に発表したことの意味を考えていました。正直なところ、楽しみだとはあまり思えない自分がいました。

でも、こうして終わってみて、見られてよかったと思うし、嵐が好きだなあという気持ちも新たになりました。

今回の24時間テレビで一番よかったなあと思ったのは、潤くんの吹奏楽指揮。生徒さんの発案でやらせてもらえたのも良かったと思うし、生徒さんたちひとりひとりとお話できたのも良かったと思う。数回しかあえなくても心の結びつきが出来たのも感じられました。指揮を指導してくれたのが佐渡さんてのもまたよかったよね~。短い時間で準備する上で、本当に大切なことを伝えてくださってたと思う。

私も中高と大学の途中まで吹奏楽をやっていました。色々な人の指揮で吹いてきたので、あの感じ、分かる気がします。指揮者は曲を頭で分かっているのは勿論、それが身体にしみこんでいて、体現する感じ。ほぼ素人感想レベルでの話だけど、いい指揮者に振ってもらうと、すっごく演奏が引き込まれる。演奏が生き生きと、ノリノリになってくるんだよね。

潤くんが練習を重ねてきたこと、彼女たち、彼らの機会を邪魔しないで素晴らしい演奏をさせてあげたいという思い、ものすごい緊張感が感じられました。佐渡さんも色々な思いをもう感じてらっしゃるから、始まる前から涙ぐんでる感じだったね。佐渡さんを通して、潤くんも部員の皆さんも素晴らしかったね、っていうのをまた感じられて、佐渡さんがあそこに来てくださっててよかったと思いました。

潤くんが、演奏の後、泣いちゃいそうなのを、涙を溜めながらもぐっとこらえながら話しているのも良かった。どんなに指揮を褒められても、こんな機会を与えてもらったことへの感謝と主役は生徒さんたちであることを伝えようとしているのも感じられた。

1回きりの本番で、生でやっている緊張感のなせる業だよね。すごくいいものを見せてもらったと思う。


昨年の24時間テレビを実はあまり見てないのだけど、昨年のが震災後のはじめての24時間テレビでしたよね。既に方向転換みたいなことがあったのかな。前よりも障害、病気前面押しじゃなくなった気がする。普段様々な立場の方たちに思いを馳せることが少ないのだから、こんなときくらいはっていうのはあるんだけど、震災後の企画が増えたことで結果的にはその色は薄まったね。でもそれぞれとてもしんどい状況の中で頑張っている人たちを応援するみたいなのは同じといえば同じなんだけど。

関連したところでは、ニノが出たドラマ。題材として中途障害について扱うわけなので、そこだけとったらこれまでの路線なんだけど、歩けない、車椅子、どう生きていくか、、、というのではなくて、そのものすごく大きな出来事と変化を通して、更なる生き様みたいなものを見せてくれてたね。あとは自殺に関わることをもうひとつの柱として(というかこっちがメインかもしれないね)盛り込んでいるのが大きいんだろうな。DV,お母さんに道連れ心中されそうだったこと、親子関係、友人の自殺、そして自分を死を考えて踏みとどまり、お母さんの自殺未遂。自分が死ぬ死なないということと、家族に死なれた残される側の気持ちと。演出や音楽やキャスト、色々な面でよかったと思いましたよん。(ちなみに、今息子がこのドラマをどうしても見るっていうので見せたら、終わって呆然として「まだ・・・空とんでないよ??」って。・・・ああ~やっぱり勘違いしてた)

ニノの関連で言うと、虐待の話がありましたね。あれも相当にヘビーなテーマで。でもこのドラマを選んだこととどこか繋がっているような印象を持ちました。それぞれのパーソナリティがどの企画を担当するかって言うのは、会議とかあるんでしょうけど、なんかそれぞれのこれまでの仕事の流れやそれぞれの持ち味、そして自分たちの意思みたいなものも含まれているのではないかなと想像しました。与えられたことをこなしている、のとは違うんだろうなって。

虐待の問題は本当に長く影響を及ぼすし、虐待した親を責めればいいってもんじゃないからすごく難しいテーマで、短い時間ではなかなか扱いきれないと思うのですが、お母さんと二人にしてもらって話すシーンがすごく印象的だった。ニノはいろいろなことをものすごくフラットに捉えて関わる人だと思うので、ニノがあの話を聴いて促すやりとりが興味深かったです。まあ~ちょっと誰でも出来る感じじゃないよなと思いましたわ。

あのお母さんと娘さんは、今回の出演をどう胸に収めていくのかなあということが気になりました。


あと、親方wのダンスにも触れておかないと。最近ちょっと痩せすぎでないかと心配なんだけどねえ。体力が落ちるのでもうちょい、お肉つけてもいいんでないの?ケントモリさんとの共演というのも興味深かったけど、やっぱり大野さんのダンスが好きだと思ったよ。軽いんだよねえ。ムーンウォークが長かったのが嬉しかったわあ。色々な刺激を受けて、もっとダンスやりたいと思ってくれてたらいいなあ。

あと、空手少女とのやりとりもありましたが、練習の見学でカーテンの横まで下がって邪魔しないようにしながら見つめている表情や、シャイな彼女とのやり取りもよかったし、お父さんなど家族とのやり取りもよかった。ああいう企画では、お父さんの喪失感にも触れないとダメだと思うのよね。ある意味子どもにとってよりも、更に、しんどいはずなんだよ。 試合の後の、「負けちゃったね」って言えちゃうのがまた彼らしくて良かったなあ。あの一言で結構、彼女含め、周囲の皆も救われると思うんだよな。

翔ちゃんは、まあ~企画もいいんだけど、北斗さんゴール後の最後の様子だよね。彼としてはあんな顔が映っているのは本意ではないかもしれないけど、ものすごく周りを見て、頭が回転しているのがわかる。映ってはいないけど、バードさんが北斗さんたちへ一言を翔くんにきくと、スッと先に大野さんに訊いてって形にしているのがわかるし、ガッキーを呼んだり。(最後はバードさんずっと話しっぱなしでそっちも大変だったろうね~)番協の方のレポを読ませていただくと、テレビ放映後の挨拶でも順番が最後リーダーで締めるように順番変わったり、放送中でもものすごくよく見て頭を働かせている感じ。

前回の24時間のときにも入った方のレポを読ませていただくと、潤くんやニノの周りの出演者たちへの心配りがよくわかって、すごいなあと思ったもんでしたが、今回も漏れ聞こえるレポのおかげでそんな様子が分かります。あれだけ沢山の人が出入りして、ステージに立っている生放送だから、そういう気配りってすごく大切なんだろうなあ。ていうか、24時間以上も気持ち張りつめた感じでやってて、長い時間人から見られているだけでも、かなりの負担なのに、そこでホスト側として気を配るって言うのは相当なもんですよ。


相葉ちゃんは、ホントにねえ・・・優しいよね。相葉ちゃんの優しさが全面的に発揮されますよね。テレビのこっち側まで癒されまくりました・・・。あの番組で誰がしかを応援する役割をすると、それぞれ形は違うけど、みんないい人に見える。実際その人のいい部分が発揮されるのだろうけど。力強い感じの人もいれば、あったかい感じの人もいたり。相葉ちゃんは、ホントに優しい人だなっていうのが感じられるんだよね。柔らかくて繊細な優しさ。天使と皆さんが仰るのもよくわかりますわ。屋久島の件は残念でしたが、彼女の無念はものすごく感じていたからこそ、べたっとさせないのが、なお優しさを感じさせたね。


さて、今回は手紙があるのかないのかも気になるところではありました。私はこうなると、やっても前以上にインパクトは残せないからなあと思っていたのですが、形を変えてきましたね。それぞれの未来についての手紙。ひとりひとり、内容も文の様子もそれらしくて、ああ~間違いなく、それぞれが自分で考えて書いたものだろうなと感じられる文面でした。そして最後の智くんの嵐への言葉。彼の言葉は飾りなくて、ストレートで胸に響きます。嵐を今どれだけ大切に思っているかも分かったし(それは驚くことではないのだけど)、ファンにとっても嬉しい言葉ですよね。ああ~やられちゃいました。



今朝はZIP!でちょこっと見ましたが、二日目に入った朝の翔くんのコメントが「もう今日しかない」みたいな、感じでの言葉で。最初に智くんも「あっという間に終わると思う」というようなことを言ってましたね。タフだよね~。彼らにとってみたら、これが本番の24時間、だけどそれまで準備してきたものをここで出すわけだし、沢山の一般の方を含む出演者が出入りする場だもんね。自分が体力的にどうか、みたいなことじゃないんだろうね。

さて、智くんは「また四年後に会いましょう」って言ったらしいですな。頼もしい、人たちです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フムフム

Author:フムフム
ようこそおいでくださいました<(_ _)>
更新間隔はまちまちですが、ぼちぼち楽しみつつ綴っております。大したことは書いていない、日々の備忘録です。

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。